4. 編集部の記事一覧

現代ギター17年1月号発売!
現代ギター17年1月号が発売です! 特集は、『カーボン弦はお好き?』 現代のギターシーンには欠かせないカーボン弦、その魅力とは!...
『やさしいギターアンサンブル第7集』発売延期のお知らせ
「やさしいギターアンサンブル」の第7集を発売予定でしたが、諸般の理由で発売が一年延期になりました。 発売を楽しみにお待ちの方々には大変申し訳ありません。 2017年秋には発売致しますので、ぜひご期待く...
現代ギター16年12月号発売!
現代ギター16年12月号が発売です。 特集は、『Fuoco~ローラン・ディアンスよ永遠に・・・』 2016年10月29日、この世を去ったローラン・ディアンスの追悼特集。...
いい音がする爪って・・・?
現代ギター最新号、16年11月号の特集は、「正しい爪の削り方、磨き方」です。 どんな長さなら弾きやすいのか? どんな形ならいい音が出るのか? 人によって爪の形も弾くフォームも違うので、一様に「こうすれ...
ゆるキャラ
この秋、注目のイベントといえば、そう! 「ゆるキャラグランプリ」 です。 毎年この時期に行なわれている「ゆるキャラグランプリ」は、2011年から始まっていますが、くまモンをはじめ、数々の人気スターが誕...
ビブリオテカ・アルモニア発見!
 崩落寸前の編集部の書棚を整理していたら、紙袋に収められた古い楽譜の束が出てきました。茶色く変色した表紙にはソルやタレガのよく見る顔写真や手書きイラストが置かれ、BIBLIOTECA ARMONIA ...
現代ギター16年10月号発売!
現代ギター16年10月号が発売です! 特集は、『バッハ/無伴奏チェロ組曲第6番BWV1012編曲の真相』(中川祥治) 現代ギターならではの特集です!...
「山下和仁エディション」シリーズ復刊のお知らせ
現代ギター16年7月号、特集の「山下和仁ロング・インタビュー」にてお知らせしたとおり、 長らく品切れが続いておりました「山下和仁エディション」シリーズを、 皆さまの多くのご要望にお応えし、順次復刊して...
39年ぶりに刊行!!
1977年の臨時増刊号「クラシックギター音楽ガイド」がこの度、39年ぶりに内容をアップデートして出版されました。本書は『クラシックギターの出版譜で人気が高く、愛好されているものを第一にし、また知られて...
臨時増刊 「クラシックギター音楽ガイド」発売しました!
世界中のクラシックギターの出版譜から、人気が高いもの、将来にわたって愛奏される価値のあるもの1,300点を厳選し、一冊にまとめました。作曲者名(和・欧文)、生没年、作品名(和・欧文)、作品へのコメント...
NHK「ららら♪クラシック」
3月12日(土)にNHK-Eテレで放送された「ららら♪クラシック」では、名曲「禁じられた遊び」が取り上げられました。ギタリストの大萩康司さん、手塚健旨さんも出演されましたが、皆さんご覧になりましたか?...
ささやかなXmasプレゼント2015
クリスマス恒例となりました、 月刊現代ギターおよび臨時増刊の添付楽譜インデックス 今年も最新版をお贈りします。 通巻No.1から625号に掲載された楽譜のインデックスです!  ...
パーティーシーズンにぴったりのアンサンブル曲集!
まだまだ紅葉が楽しめる季節ではありますが、街ではイルミネーションやクリスマスツリーが飾られるなど、早くもクリスマスモード。 これからはクリスマスパーティーや忘年会、そして新年会と"パーティーラッシュ"...
第6回カルレバーロ奏法実践講座/パルス・トレーニング講座
4月より5回にわたって開催されてきたカルレバーロ奏法実践講座/パルス・トレーニング講座は6回目の最終回。毎回延長必至の熱のこもった内容に、まるで登山でもしてきたような爽快感と疲労感があります。いよいよ...
第5回カルレバーロ奏法実践講座/パルス・トレーニング講座
Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE ...
アナ・ヴィドヴィチ来社
本誌6月号の表紙を飾ってくれたアナ・ヴィドヴィチ。 現在、日本ツアーの真っ最中ですが、その合間を縫って現代ギター社を訪問してくれました。 前日の東京・さくらホールでは鮮やかなピンクの衣装でステージに登...
第3回カルレバーロ奏法実践講座/パルス・トレーニング講座
カルレバーロ奏法実践講座/パルス・トレーニング講座は、5月25日に第3回目が開催されました。 習得にはまだまだ時間がかかりそうですが、奏法の考え方や身体の使い方、パルスがあるという感覚は少しずつ掴めて...
第2回カルレバーロ奏法実践講座/パルス・トレーニング講座
5月11日(日)、第2回 カルレバーロ奏法実践講座/パルス・トレーニング講座が開催されました。 内容をご紹介します。 ...
第1回 カルレバーロ奏法実践講座 パルス・トレーニング講座
第1回 カルレバーロ奏法実践講座 パルス・トレーニング講座が、4月20日(日)に開催されました。 早くも定員締切とさせていただいた期待の講座で、当日に聴講をお申し込みいただいた方もあり、会場はいっぱい...
4月新刊・再版のご案内
問合せ殺到! 注目の教本、近日刊行! 中林淳眞 著 「年齢を超える! ギター技巧維持教本~オリジナル選集5曲付」(GG553)  4月23日刊行予定! 菊倍判 32頁 定価(本体1,800円+税) ギ...
1月新刊・再版のお知らせ
2014年も早や3週間が過ぎましたが、昨年来の新刊ラッシュ、年を跨いでもまだまだ続いております! 現代ギター2014年2月号(No.601) A4変型判 128頁 定価(本体1,200円+税) 表紙は...
ささやかなXmasプレゼント
Facebookでご要望をいただきましたので、 ささやかなXmasプレゼントとして、公開させていただきます。   月刊現代ギターおよび臨時増刊 通巻No.1から600号に掲載された楽譜のインデックスで...
2013年GG新刊曲集総ざらい
朝晩めっきり冷え込んで参りました。2013年も残すところ1ヵ月半。我らが編集部は、12月号の印刷所への入校を終えて、怒涛の1月号・2月号連続制作年末スケジュールへの突入を前に、ホッと一息ついているとこ...
現代ギター11月号発売中!
皆様、お待たせいたしました。現代ギター11月号が完成、絶賛発売中です!...
【現代ギター2013年9月号 お詫びと訂正】
現代ギター2013年9月号「ポピュラー・ヒット・レパートリー」掲載の「潮騒のメモリ―」において以下の重大な誤りがありました。 ご購入いただいた方々、関係者の方々には謹んでお詫び申し上げるとともに、以下...
第54回東京国際ギターコンクール結果速報
11月19、20日の2日間、東京・大手町の日経ホールで第54回東京国際ギターコンクールが開催されました。結果は以下の通りです。第1位:藤元高輝(東京都)第2位:Florian Larousse(フラン...
いちむじん・ギターデュオ・コレクション
ちまたでひそかに発売が噂されている(?)いちむじんさんの曲集。本日はその表紙の撮影に行きました!恵比寿にあるSTUDIO KUMUさんという写真スタジオにお邪魔したのですが、スタッフの方々が気さくで撮...
電子版月刊現代ギターがパワーアップ
9/30発売の10月号から、電子版月刊現代ギターがパワーアップしました。これまでは一部の記事、添付楽譜をカットしたLite版(税込600円)のみの配信でしたが、今月から本誌と同じ添付楽譜や広告を含んだ...
大島富士子氏『正しい楽譜の読み方』セミナー開催!
現代ギター社刊『正しい楽譜の読み方〜バッハからシューベルトまで〜』の著者、大島富士子氏による歴史的演奏法の講座が下記の通り開催されます。一昨年現代ギター社GGサロンにおいて開催され大反響を呼んだ、イン...
キュレーションの時代
みなさんは筑摩書房から出版されている『キュレーションの時代――「つながり」の情報革命が始まる』という新書をご存知ですか? 『電子書籍の衝撃』というベストセーラーで知られるITジャーナリストの佐々木俊尚...
ブリーム健在
 引退宣言をしたジュリアン・ブリームですが、元気そうに自宅でギターを弾いている写真をある方からいただきました。今年で77歳、日本で言えば喜寿ですが、その眼光は鋭く、まだまだお元気な様子。右手の形も懐か...
電子版「月刊現代ギター」創刊!
本日8/30から電子版「月刊現代ギター」が創刊されました。添付楽譜や一部連載記事などを除いたLite版ですが、逆に本誌で紙面の関係でモノクロとなっていたページも、可能な範囲でカラーにしました。定価は6...
ギターの天使降臨!
来る7月21日(水)、朴葵姫さんのGGスペシャルコンサートが大泉学園ゆめりあホールで開催されます。 まさに「ギターの天使」……とっても可愛いいですね[:ぽわ:]もちろんその実力も折り紙つき! 数多くの...
第41回クラシカルギター・コンクール結果速報
 5月3日、武蔵野市民文化会館小ホールで第41回クラシカルギター・コンクール(日本ギタリスト協会主催)が開催されました。47人の第二次予選通過者がバリオスの〈郷愁のショーロ〉で本選出場を競い、6人が通...
まさにAfter Hours!
もうすぐ皆さんのお手元に届く4月号には、新連載が盛りだくさんです[:流星:]そのうちの1つ「After Hours〜演奏家の放課後」の第2回目のインタビューを昨日行ないました。第1回目鈴木大介さんのゲ...
動画をClick!
現代ギター4月号より新連載開始の「動画をクリック!テクニック・レシピ」の撮影現場にお邪魔しました。第1回目は、益田正洋先生による「姿勢」のレクチャーです。サービス精神旺盛な益田先生、本番を待つ間〈アラ...
「バリオス選集2」まもなく完成です♪
ご好評をいただいています、鈴木大介さん監修の「バリオス選集」の第2弾の最終校正中です!ようやくここまできました[:あひ:]最後だけにいつも以上に厳しいチェックが入ります。校正とは言え、大介さんの生演奏...
ジョン・ウィリアムス&ベルタ・ロハス@BBCラジオ
 大雪でワシントンDCの自宅に閉じ込められているベルタ・ロハスからメールが届きました。ワシントンは何十年に一度の大雪で、交通が麻痺して、彼女とキケ・シネシとのコンサートもキャンセルになったとか。また、...
シャロン・イズビン グラミー賞を授賞
1/31、2010年度のグラミー賞授賞式が米国ロス・アンジェルスで開催され、日本でもおなじみの米国のギタリスト、シャロン・イズビンが「Journey to the New World」でクラシック器楽...
3月号「愛器を語る」撮影風景
好評をいただいている連載「愛器を語る」、次の3月号では高田元太郎さんが今井ギターを語ってくださいます。その撮影風景をちょっと覗いてみましょう。 GGサロンにポールを2本立て、黒紙のロールをスロープ状に...
訃報
年末に訃報が届きました。12月30日午後5時頃現代ギター誌元編集長 菅原 潤 氏がご逝去されたとのことです。ご冥福をお祈りします。...
速報!! アレッサンドリア国際
9月21日〜26日にかけてイタリア・アレッサンドリアで開催された、「第42回ミケーレ・ピッタルーガ国際クラシック・ギター・コンクール」において、「現代ギター」誌10月号の表紙を飾ってくださった、朴 葵...
ベルタ・ロハス来日公演迫る!
来る9月12日(土)と14日(月)の両日、パラグアイが生んだバリオスの使徒、ベルタ・ロハスのGGスペシャルコンサートとマスタークラスが弊社主催で開催されます。彼女は2年連続しての来日で、昨年は現代ギタ...
サマースクール開催!
7/10(金)〜12(日)にかけて、恒例のサマースクールが実施されました!個人レッスン、講師コンサートから、今注目の藤元高輝君のマスタークラスレッスン、寝不足必至のギター談義まで、今年も熱い熱いギター...
タレガ、アルベニス没後100年
  ミゲル・リョベートの真似をして、タレガ、アルベニスの戯画を描いてみました。 ん〜 似ていませんねぇ。どうやら自分には画才は無いようです[:えぐ:]。 下手な漫画はさておき、今年は偉大なる両巨匠の没...
タレガ臨時増刊号の録音
フランシスコ・タレガの没後100年に当たる今年、6月末に7月臨時増刊号「タレガ ギター名曲講座」が発売になります。例によって本文と別冊楽譜、CDがセットになった実用版で、タレガのオリジナルを中心とした...
1967年
1967年。みなさんは何をされていましたか?もうバリバリのギタリスト?まだ生まれていないとか?そう1967年といえば、現代ギター創刊の年!現代ギターの誕生年です!今日、ご紹介する「現代ギター合本」は創...
撮影用ギター・スタンド「写らん君」
懲りずに廃材利用の木工レポート第3弾。GGではギターの撮影は日常業務の一つ。その際できるだけギター・スタンドは写らないように撮りたいのですが、市販の物ではどうしてもネックの支え部分が写ってしまいます。...
特製足台「ゲターラ(Guetarra)」
特製足台製作の第二弾。今回のは黒っぽい板が昔から(20年くらい?)使っていた折畳式足台の天板を分解したもので、白い脚と底板が例の材木屋でいただいた端材です。 なぜ折畳み式足台を分解したかというと、脚先...
「現代ギター4月号」特別付録DVDに関するお詫び
平素は「現代ギター」をご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。この度、2009年3月23日に発売いたしました「現代ギター4月号」特別付録DVDの音声に、一部聞きづらい箇所があることが判明いたし...
うれしい付録!
 3月号やホームページで4月号予告をご覧になられて既にご存知の方も多いとは思いますが、4月号の月刊現代ギターはDVDの付録付きです。 内容は昨年12月14日に行なわれた第51回東京国際ギターコンクール...
2009年出版カタログ
 新連載満載の4月号の入稿が無事終わり、編集部はほっと一息ついたところ。ですが、早速新たなる作業に取り掛かっています。これまでに出版した現代ギター社の出版物、CD、DVD、小物などを掲載した「2009...
臨時増刊まもなく刊行です!
 2009年4月臨時増刊『ソル−練習曲と教則本全訳』が3月10日に発売されます。 ソル自身が執筆した教則本「Metodo para guitarra」の貴重な全訳(訳:渡辺 臣氏)をはじめ、原 善伸氏...
弦の張力・音程測定!
先週、編集部で弦の張力と音程(オクターヴ)の狂いの測定を行いました。写真はその時に用いた器具です。画像中央下、弦を張ってある木製の道具は、二枚の板を釘で繋ぎ本物のギターを模して作られた張力測定器で、こ...