【CD】朴 葵姫〈BACH〉

通常価格 ¥3,500

配送料は購入手続き時に計算されます。
お支払い方法
  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • JCB
  • PayPal
  • au Kantan Kessai
  • d Barai
  • Amazon
  • PayPay
  • LINE Pay
  • Merpay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • Shop Pay
  • NP後払い
朴葵姫が挑むオール・バッハ
彼女の集大成と言っても過言ではない渾身の作品


作曲:ヨハン・セバスティアン・バッハ
前奏曲、フーガとアレグロ BWV998

1. Prelude
2. Fuga
3. Allegro

無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ長調 BWV1005
4. I. Adagio
5. II. Fuga
6. III. Largo
7. IV. Allegro assai

シャコンヌ
〜無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 二短調 BWV 1004 より
8. Chaconne


演奏:朴葵姫(ギター)
録音:2023年12月19 22日
    ハイスタッフホール(観音寺市市民会館)小ホール


現世代のギタリストのトップランナーでもある朴葵姫(パク・キュヒ)がデビュー14年目にして初めて挑むオール・バッハ。
名曲「シャコンヌ」に加え、ヴァイオリン・ソナタ第3番、そしてリュートのためのBWV998の3プログラムを収録。
朴葵姫の集大成と言っても過言ではない渾身の作品となっています。(コロムビア)


プロフィール:朴 葵姫(パク・キュヒ)
日本と韓国で育つ。
3歳で横浜にてギターをはじめ、これまでに荘村清志、福田進一、Aピエッリ各氏に師事。
東京音楽大学を経て、2014年ウィーン国立音楽大学を首席で卒業。
2016年アリカンテクラシックギターマスターコースを首席で卒業。2005年小澤征爾指揮によるオペラ公演に参加。2007年ハインツベルグ国際ギターコンクール第1位及び聴衆賞、2008年コブレンツ国際ギターコンクール第2位(1位なし)、ベルギー“ギターの春2008”第1位(コンクール史上アジア人そして女性として初めて)、リヒテンシュタイン国際ギターコンクール第1位、12年アルハンブラ国際ギターコンクール第1位&聴衆賞、14年ポーランドのJan Edmund Jurkowski記念ギターコンクール2014優勝。他多くの主要国際ギターコンクールで優勝・受賞。N響、都響、読響はじめ多くのオーケストラと共演を重ねる。
録音は「スエニョ 夢」、「ソナタ・ノアール」(フォンテック)、「スペインの旅」「最後のトレモロ」、「Saudade-ブラジルギター作品集-」「FAVORITE SELECTION」「Harmonia-ハルモニア-」(日本コロムビア)リリ-ス。いずれも異例のヒットとなり、多数レコード芸術誌特選を獲得している。2020年デビュー10周年を記念した初のセルフプロデュースアルバム「Le D part」を制作し、第14回CDショップ大賞2022・クラシック賞受賞した。
欧米、韓国、台湾他国内外のギターフェスティバルへ招かれるなど世界的にも注目を集める。
2020年11月逝去したギター名のダニエル・フレドリッシュのギターを愛用。