アルスノヴァ
ARS NOVA
4人の若手マンドリン奏者により結成された四重奏団。
■井上泰信
1975年生まれ。同志杜香里中学よりマンドリンを始める。1994年、ドイツ・シュワインフルト市での第1回国際独奏コンクール次位。同年第14回日本マンドリン独奏コンクール優勝。1997年第3回ロシア北方杯国際独奏コンクールマンドリン部門優勝。現在は自主公演シリーズ「MANDOLIN LIVE」をはじめ、全国各地でソリストとして演奏活動を行なうほか、高校、大学クラブをはじめとする後進の指導にカを注いでいる。マンドリンオーケストラARSNOVA主宰。京都教育大学マンドリンクラブ技術顧問。木下正紀、川口雅行各氏に師事。
■柴田高明
1976年生まれ。同志杜香里中学よりマンドリンを始める。1994年第14回日本マンドリン独奏コンクール策3位。1996年第15回同コンクールにおいて第2位。1997年、アンサンブルフィルムジカのヨーロッパ公演にソリストとして参加。ドイツ、スペインの各都市で演奏。また、同志社大学マンドリンクラブにおいては指揮者としても活躍。マンドリンオーケストラARSNOVAにおいてコンサートマスター及び指揮者として活躍。その他ハープとの2重奏で神戸国際音楽祭に出演するなど、斯楽界に新風を送り込んでいる。木下正紀、桑原康雄、川口雅行、石村隆行各氏に師事。
■斉藤千恵
1976年生まれ。帝塚山学院中学よりマンドリンを始める。昨年10月の第16回日本マンドリン独奏コンクールにおいて最高位入賞(第1位なしの第2位)。大阪音楽大学短期大学部及び同大学専攻科において声楽を専攻。卒業後現在、歌手としても活躍中。マンドリンオーケストラARSNOVAにおいてコンサートマスター及び首席マンドラ奏者として活躍。木下正紀氏に師事。
■末廣健児
1975年生まれ。山口県岩国高校よりマンドリンクラブに在籍、指揮者として活躍。京都大学入学後もマンドリンオーケストラにおいて指揮者を務める。昨夏の神戸国際音楽祭においてもマンドロンチェロ奏者として参加し、字野文夫作曲「マンドリン四重奏曲」の初演を務める。マンドリンオーケストラARSNOVAにおいて指揮者及び首席マンドロンチェロ奏者として活躍。また、編曲者としても高い評価を得ている。