ホーム >  CD VIDEO DVD >  CD >  【CD】〈パガニーニ:ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとギターのための作品全集〉

【CD】〈パガニーニ:ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとギターのための作品全集〉

価格 2,700円
商品コード 4539442639302
購入する数量
パガニーニ:セレナード・ハ長調MS17(1808)、三重奏曲・ニ長調MS69 (1833)、協奏的三重奏曲・ニ長調MS114(1833)

ニルス=エーリク・スパルフ(ヴァイオリン)、アンドレーアス・ブランテリード(チェロ)、ダーヴィド・ヘーレンスタム(ギター)

スウェーデンのヴァイオリニストで、ドロットニングホルム・バロック・アンサンブルのリーダー、ウプサラ・チェンバー・ソロイスツの首席奏者、ウプサラ室内管弦楽団のコンサートマスターとさまざまな活動をつづけるニルス=エーリク・スパルフ(Nils-Erik Sparf[1952-])。スウェーデンとノルウェー、ウェールズのジョン・ミルズに学び、スパルフとのデュオ活動でも知られるギタリスト、ダーヴィド・ヘーレンスタム(David Harenstam[1972-])。コペンハーゲン生まれ、14歳の時に王立デンマーク管弦楽団と共演してエルガーの協奏曲を弾き、スウェーデン代表として参加した2006年のユーロヴィジョン・ヤングミュージシャン・コンペティションで優勝したスウェーデン系のチェリスト、アンドレーアス・ブランテリード(ブランテリズ)(Andreas Brantelid[1987-])。世代の異なる音楽家が結成したトリオは、活動を始めてから2年が経過、興趣にみちた彼らの音楽は聴衆と批評家の両方から支持されてきました。パガニーニが、ヴァイオリンまたはヴィオラ、チェロとギターのために書いたロマンティシズムの作品。ブランテリードはパガニーニ自身が所有していたストラディヴァリウス製のチェロを、スパルフは同じ年に作られたストラディヴァリウスのヴァイオリンを弾いています。録音セッションは、2016年5月、デンマークのギタリストで録音技師のライフ・へセルベア(Leif Hesselbeg[1962-])が制作とエンジニアリングを担当、スレーイルセ市のハウアヴェア教会(Havrebjerg kirke)で行われました。(コーシン)