ホーム >  演奏者・講師プロフィール > 坂場圭介

坂場圭介
Keisuke Sakaba

1980年生まれ。ギターを筧優、三上進両氏に師事。2002年、慶應義塾大学経済学部を卒業後、渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院にてアルベルト・ポンセ氏に師事。2003年、渡米。奨学金を得てルーズベルト大学音楽学部修士課程(シカゴ芸術音楽大学)に入学。クラシックギターをデニス・アザバギッチ、セルジオ・アサド両氏に師事。2007年、同大学院を首席で卒業、修士号を取得。1998年、第20回ジュニアギターコンクール最優秀賞、第23回GLC学生ギターコンクール高校生の部第2位。1999年、第28回神奈川新人ギタリストオーディション合格。2000年 第25回GLC学生ギターコンクール大学生の部1位。第18回スペインギター音楽コンクール第3位。2006年、UFAM国際音楽コンクールギター部門第3位(フランス)。2008年、パドヴァ市国際音楽コンクールギター部門第1位(イタリア)。これまでにオスカー・ギリア、ローラン・ディアンス、ステファノ・グロンドーナ、マヌエル・バビローニ、ほか各氏のマスタークラスを受講。 帰国後は、独奏・室内楽の両分野にて演奏活動を精力的に行なう。2008年10月にデビューリサイタル、11月には日越国交正常化35周年記念イベントの一環として、ベトナムツアーを行う。現在、坂場圭介ギタースクールを主宰するかたわら、村治昇ギター早期才能教育教室、アンダンテ・ギタースクール、MICミュージックおよびGG学院の講師として後進の指導を行なっている。GLC(ギター・リーダーズ・クラブ)会員。

前のページに戻る | 演奏者・講師プロフィールTOPへ