ホーム >  演奏者・講師プロフィール > 藤井敬吾

藤井敬吾
Keigo FUJII

1956年生まれ。ギターを岡本一郎に師事。80〜86年までヨーロッパ在住。ギルドホール音楽院L.G.S.M.演奏家ディプロマ取得。D.ラッセル、J.L.ゴンサレスに長年にわたって師事する。85年、第3回オレンセ国際ギターコンクール、第31回ラミレス・コンクールで優勝。そのほか第3回マウロ・ジュリアーニ国際ギターコンクール、第31回マリア・カナルス国際音楽コンクール・ギター部門など、多くの国際コンクールで入賞する。これまで、独奏、由美夫人のピアノとの二重奏、室内楽、オーケストラとの共演、そして作曲と幅広い活動を展開している。ギター作品、羽衣伝説、怒りの日が現代ギター社から刊行中、CD『グラナダの花』がシュペル・ノーヴァ・レーベルからリリースされている。

前のページに戻る | 演奏者・講師プロフィールTOPへ