ホーム >  演奏者・講師プロフィール > 小泉博一(ヴァイオリン)

小泉博一(ヴァイオリン)
Hirokazu KOIZUMI (Violin)

都立芸術高校を経て、1995年武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会に出演。ヴァイオリンを岡山潔、ジェラルド・ジャービス、ロバート・ダヴィドビッチ、マーク・ゴ トーニ、室内楽を安芸晶子、ウルリッヒ・コッホ、ハンス・エンケマイヤーの各氏に師事。カナダ・JISAのサマースクールに参加、ニューヨーク・チャタクワのスカラシップ獲得やコンクール上位入賞多。スティーヴ・バラカットのワールドツアーに ゲストヴァイオリニストとして出演。1999年ドイツ短期留学後、コンサートやライヴ 活動を展開。ポップスアコーステックライヴを渋谷のクロコダイル、吉祥寺の MANDARA2、Star Pine's Cafe、 などで行う。現在、ソロ・室内楽・オーケストラの客員コンサートマスターなどの活動や、ミュージカルでは東宝の主催による「ローマの休日」を、ポップスにおいては、 Mr.Children、GLAY、サザンオールスターズ、山崎まさよし、TOKIO、ゆず、及川光博、 小沢健二、濱田マリ、辛島美登里、Cocco、浜崎あゆみ、宇多田ヒカルなどの多数のアーティストのCD録音と、ビデオクリップや音楽番組への出演のほか、久石譲監督の映画「カルテット」にキャストとして出演。

前のページに戻る | 演奏者・講師プロフィールTOPへ