ホーム >  演奏者・講師プロフィール > フアン・カルロス・ラグーナ

フアン・カルロス・ラグーナ
Juan Carlos Laguna

メキシコ市に生まれ、メキシコ国立音楽院ギター科を最優秀の成績で卒業。マヌエル・バルエコやヘスス・オルテガなどのマスタークラスを受講。1991年、第34回東京国際ギターコンクール優勝。同年プエルトリコ国際ギターコンクール第2位。メキシコと日本でCDをリリース。現代曲Lolo Schifrinの協奏曲をロンドン交響楽団との協演で録音。その後北米、ヨーロッパ、メキシコ国内のオーケストラと協演。ソロ活動も北米、キューバ、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアなどで演奏。現在メキシコの代表的ギタリストとして国際的に活動。親日家としても知られ、今回で3度目の来日公演となる。

前のページに戻る | 演奏者・講師プロフィールTOPへ