ホーム >  演奏者・講師プロフィール > レオナルド・ブラーボ

レオナルド・ブラーボ
Leonardo Bravo

アルゼンチンが世界に誇るギタリスト。 国立ロサリオ大学芸術学部音楽学科修了。ギタリスト、作曲家として数々の賞を受賞。演奏家としてアルゼンチンを始め南米、北米、ヨーロッパでコンサートを行なう。03年来日、04年に日本デビューリサイタル、翌05年ギターソロのコンサートツアーを行ない高評を博する。国内でギターソロ、デュオやアンサンブルで演奏を行なう他、アジアを中心に北米、南米の国々で活動を展開する。2009年、米国マーシャル大学よりジョン・エドワード特別芸術賞を受賞。2010 年、レオナルド・ブラーボタンゴ楽団を結成。2011年よりタンゴの歌詞についての講座を開始する。これまでに独奏、二重奏のCDをリリースする他、指揮者、ディレクター、共演者として多くのCD制作に携わる。中でもCD『El entrevero』と『El alma en la raiz』はイギリスとフランスのギター誌で高く評価されている。2008年、ギターを学ぶ人のための作品集『5つの小品』をフォレストヒルエディションより、2013年タンゴ名曲編曲集を現代ギター社より出版。レパートリーはクラシック、アルゼンチンタンゴおよびフォルクローレ。とりわけ祖国の音楽であるタンゴ、フォルクローレに造詣が深い。

Official Home page

前のページに戻る | 演奏者・講師プロフィールTOPへ