ホーム >  演奏者・講師プロフィール > パヴェル・シュタイドル

パヴェル・シュタイドル
Pavel STEIDL

1961年プラハの近くに生まれた。8歳の時にギターを始め、プラハ音楽院でミラン・ゼレンカに師事した。1983年に卒業した後も、音楽アカデミーにおいてステファン・ラックのもとで勉強を続けた。このアカデミーでは後にはアベル・カルレバーロとデイヴィッド・ラッセルにも教えを受けた。1982年、パリ国際ギターコンクールに優勝した彼は世界的な名声を築き始める。
現在、彼はオランダやヨーロッパ各地で演奏家として、また教授者として忙しい日々を過ごしている。彼は19世紀ギターをレパートリーに取り入れたコンサートも行なっている。作曲家としても知られ、演奏家として多くのリサイタルやギターフェスティバルに出演し、20カ国以上の国々で聴衆を魅了している。

前のページに戻る | 演奏者・講師プロフィールTOPへ