月刊現代ギター、クラシックギター、楽譜 の 通販 オンラインショップ

徳永兄弟セット : CD + 現代ギター

通常価格 ¥5,170

配送料は購入手続き時に計算されます。
お支払い方法
  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • JCB
  • PayPal
  • Amazon
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • Shop Pay
  • au Kantan Kessai
  • PayPay
  • LINE Pay
  • Merpay
〈セット内容〉
・CD:徳永兄弟 / Tokunaga Brothers〈ネオ・フラメンコ / NEO FLAMENCO〉
・現代ギター誌:23年07月号(No.718)


〈詳細〉
国内外で様々な受賞歴を持つ人気フラメンコ兄弟デュオ、徳永兄弟。結成10 周年となる2人の、これまでの集 成からフラメンコの未来へ向けた新しいジャンルを切り拓く、メジャーデビューアルバムと、そのアルバムに込めた思いや、クラシックギターフェスタ「Hakujuギターフェスタ」への出演についての思いを語ったインタビューが掲載された、現代ギター誌をセットにしました。
※本商品ページ後方にてプロフィール、演奏動画をご覧いただけます。


・【CD】徳永兄弟 / Tokunaga Brothers〈ネオ・フラメンコ / NEO FLAMENCO〉(JAN:4549767159218)
【収録曲】
・アンダルシア(徳永健太郎、徳永康次郎)
・ブレリア・デ・パドレ(徳永健太郎、徳永康次郎)
・魂の旅人(徳永健太郎、徳永康次郎)
・カルメンフラメンコファンタジー(ビゼー、徳永健太郎、徳永康次郎)
 I : アラゴネーズ
 II : ハバネラ 闘牛士・火祭りの踊り(フャリャ)
・リベルタンゴ(ピアソラ)
・スペイン(チック・コリア)
・トリステーザ〔グッバイサッドネス〕(ハロルド・ロボ、ニルティーニョ)
・シェイプ・オブ・マイ・ハート(スティング)
・コーヒールンバ〔モリエンド・カフェ〕(ホセ・マンソ・ペローニ)

【フラメンコ・ギター】徳永健太郎、徳永康次郎

【参加ミュージシャン】
ラファエル・モイセ・エレディア(パーカッション)、KAN(パーカッション)、高木亮太(パーカッション)、森田悠介(ベース)、SIROCO(ダンスステップ)
フアン・ディエゴ・バレンシア、フアン・ディエゴ・バレンシアjr、マヌエル・デ・カンタローテ、ハビエル・ペーニャ、橋本容昌(パルマ&ハレオ)


フラメンコの伝統を踏まえながら、新たな世界を切り開くアルバム。
フラメンコの伝統を受け継ぐオリジナル曲を中心に、クラシック、ラテン音楽、ロックなど、様々なリズムの音楽を徳永兄弟ならではのフラメンコにアレンジしました。
ミュージシャンには、親交のある、国内外で活躍するフラメンコやジャズのトップミュージシャンが参加。
スペインのフラメンコ界で人気のヌエル・デ・カンタローテ、フアン・ディエゴ・バレンシアなどが、パルマ(手拍子)とハレオ(掛け声)で参加しているのも、大きな魅力です。圧倒的なリズムの洪水、特に切なく歌い上げるギター、ドラマティックな展開など、二人の卓越したテクニックと音楽センスが凝縮され、フラメンコの新しい世界が広がります。(発売・販売元 提供資料)


・現代ギター23年07月号(No.718)(JAN:4910034810734)
■特集:ギター演奏における右手小指の使用
執筆:カロル・サミュエルチーク(ギタリスト)/翻訳:渡邊弘文
■第2特集:ルネサンスギター〜歴史、音楽、楽器〜
執筆:竹内太郎(アーリーギター、リュート演奏家、研究家)
■インタビュー:
徳永兄弟
第17回Hakujuギター・フェスタ2023(荘村清志、上野芽実)
レネ・イスキエルド
 カニサレス
■コンサート・フォト・レポート
朴 葵姫

瀧井レオナルド(Lt)、佐藤裕希恵(S)
谷辺昌央
2022年度スペインギター音楽コンクール受賞者と会員有志による第49回ニューイヤーコンサート
松本大樹
■第47回ギター音楽大賞
■アコギ談義/ゲスト:天満俊秀[16]
■愛器を語る/谷川英勢[11]
■留学のすすめ[4](斎藤優貴)
■ギター部訪問[4]八千代松陰高等学校ギター部
■アンドレス・セゴビア物語[16](手塚健旨)
■ジュリアン・ブリーム伝[第3部]:キャリア維持の芸術[4](ワシリー・サバ)
■令和音楽時報[4](戸ノ下達也)
■アンサンブルの広場
■コンクール&演奏会通信2023 ■新刊案内 ■新譜案内 ■外盤案内
■めもらんだむ ■今月のみどころききどころ ■イベント&コンサートガイド
■超入門〜ギターを弾こう![4](小林 徹)
「左手の基本」
■ギターのお悩み相談室[40](伊藤亘希)
「音楽表現をメロディーから考える」
■レパートリー充実講座[291](林 祥太郎)
「エンデチャとオレムス」(タレガ)
■ギターの基礎技術トライアル[4](永島志基)
「セーハ部門、消音部門(4)」
■ジュリアーニ/24の練習曲Op.48[11](校訂・運指 荒井一穂)
■オールド・ポップス・コレクション〜魅惑の昭和・平成歌謡曲編(TAB付)〜[111](たしまみちを)
「BEHIND THE MASK」(坂本龍一)※タブ譜付き

■ポピュラー・ヒット・アレンジメント[63](竹内永和)
「サリー・ガーデン」(アイルランド民謡)※タブ譜付き
■閑喜弦介のNew Standard Number[3](閑喜弦介)
「Fougere」(閑喜弦介)
■ヤング・ポピュラー・ミュージック[63](岡崎 誠)
「きらり」(藤井 風)※タブ譜付き

〈添付楽譜〉
■南の二連画(ムニョス) ※ギター二重奏
■放課後の音楽室(GONTITI〜米阪隆広)
■晴れたらいいね(DREAMS COME TRUE〜平倉信行) ※タブ譜付き
■こきりこ節(富山県民謡〜天満俊秀) ※タブ譜付き


徳永兄弟( 徳永健太郎・徳永康次郎)プロフィール
幼少期より父徳永武昭のもとフラメンコギターを始める。中学卒業後スペインへ渡りセビーリャのクリスティーナ・ヘレン・フラメンコ芸術学院に入学。3年間で全課程修了しその後同学院の講師として数年間在籍。日本フラメンコ協会新人公演奨励賞ギター部門を兄弟共に2年連続受賞。
兄はスペインのセビーリャにてアンダルシア・フラメンコギターコンクール(CERTAMEN ANDALUZ FLAMENCOS)準優勝。弟は2019年にスペインのバルセロナでの国際コンクールで本選進出し第4位入賞。その他、国内外で様々な受賞歴を持つ。「100年に一度の原石」と称され日本とスペインを行き来し様々な舞台にて活躍し現在に至る。
アニメ『アルスラーン戦記』、『砂の灯』、ドラマ『ハケンの品格』等のサウンドトラックに参加、NHK『旅するためのスペイン語』のオープニングテーマを担当。テレビ等、各種メディアへ多数出演。
2022年、『ゴット・タレント』(スペイン版)に出演し大絶賛される。YouTubeでは200万回以上の再生数を誇る。 2014年 2018年の間に自主制作により3枚のアルバムをリリース、 3rdアルバム『Resonancia 共鳴 』が iTunes Storeの「ワールドトップアルバム・スペイン」で第2位にチャートイン。2020年ベストアルバム『Guitarra Flamenca』リリース、2022年日本コロムビアより『NEO FLAMENCO』をリリース。


※ブレリア・デ・パドレ(徳永兄弟 ダイジェスト版)




【オススメのセット商品】