【CD】福田進一+川田知子(Vn)〈我が懐かしのブエノスアイレス〉

通常価格 ¥3,098

配送料は購入手続き時に計算されます。
お支払い方法
  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • JCB
  • PayPal
  • Amazon
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • Shop Pay
  • au Kantan Kessai
  • PayPay
  • LINE Pay
  • Merpay
ガルデル~加藤昌則:首の差で、我が懐かしのブエノスアイレス/ピアソラ:ナイトクラブ1960/ピアソラ~徳武正和:アヴェ・マリア、レビラード/ピアソラ~I.マーフィー:最後のラメント(嘆き)/アズマ:「ブラジル風小品集」より~ワルツ風に、隣人/加藤昌則:ケルト・スピリッツ/パガニーニ:チェントーネ・ディ・ソナタ第1番、「グランド・ソナタ」イ長調より~ロマンス/ラヴェル~ラゴスニック:亡き王女のためのパヴァーヌ/バッハ~福田進一:G線上のアリア

古典のパガニーニや、現代のファリャ、ピアソラなどの作品で聴くことができるギターとヴァイオリンの組合せ。本作では、その相性の良い2つの楽器を名手2人がさらに遥かなる高みへと昇華させました。ヴァイオリンの川田は、東京芸術大学を首席で卒業後、1991年第5回シュポア国際コンクール優勝。モスクワ・フィルをはじめ国内外のオーケストラのソリストとして活躍し、数多くの賞を受賞しています。世界トップクラスの川田のヴァイオリンをより艶のあるものにしているのは、勿論、福田進一のギター。音楽を支え、共に歌い、時にリードする福田の絶妙なギターは普段聴くソロ演奏とはまた異なる深みと軽やかさがあります。ギターとヴァイオリンという組合せにあまり馴染みがない方も、きっと心奪われるアルバムです。

【スタッフのオススメ】